So-net無料ブログ作成

4月20日(誕生日)に引退 [ゲーム総合]

クラン(ギルド)の対抗戦で有る"クラコン"が楽しいゲームでしたが先日のトーナメントを最後に引退しました。
只でさえ毎日1時間×3回と言う頭がオカしい拘束時間な上に、決定的に私を萎えさせる事が有ったからです。

以前からサーバーが非常に重くWifi環境が無しではマトモにクラコンをする事が出来なかったのですが、
トーナメントが始まる少し前のアプデで何とソフトバンクの3G回線だと『3回中2回のクラコンで何もできない』
と言う致命的な不具合が生じる様になり、出先での其の時間はクエストや部隊編成も行えませんでした。

その為 時間は取れていたと言うのに外に居た事から、重要なトーナメントで私の部隊は何も出来ずに終わり、
惜しくも敗れた結果ベスト8に入る事が出来ず、丁度良い頃合かと思って仲間に別れを告げてアプリを削除。

当然セガは何も告知する事は無く、RFオンラインやPSUの酷さからまったく成長しておらずガッカリしました。
ROでBOTを何年も放置し続けて私に引退を決意させたガンホーは"パズドラ"で大成功を収めているのに、
最近そのシステムをパクってリリースさせた"ぷよぷよ"も全く面白く無かったので、もう未来が見えませんね。

反面ロード・オブ・ウォーは非常に地味なゲームですが、拘束時間の少ない育成ゲーなので未だに続けてます。
ヒストリカから一緒に移住した何名かの方達が、私の超適当な同盟(ギルド)に留まってくれて居るのも大きい。
ですが新しいソシャゲは今回で懲りたので今は探していませんが、5月にリリース予定のマブラヴに興味有り。
しかし新しく描き下ろしたカードが使われるワケでは無いらしく、情報を見る限り期待外れの可能性が高いです。
そもそも"疾風のガンフロント"の様に思いっきり環境に左右される様なゲームな時点でマブラヴだろうが問題外。

①先ずは課金するプレイヤーの大半が社会人だと言う事を考えて、拘束時間を極力抑える事。
②ゲーム全体を通して"パズドラ"の様に回線を使用してでの読み込みを頻繁に必要としない事。
③上記の条件からWifi環境を必要とする事を前提としたシステムにしない事。(或いは鯖の強化)

少なくとも この3つの条件を満たしていなければ、決して万人受けするソシャゲには成らず衰退は間違い無し。
マブラヴは"疾風のガンフロント"と違って戦術機と衛士が独立しており、様々な組み合わせをする事ができる上、
BETAと言う人類の敵を協力して倒す事が目的な為、競争を煽られる気はしないので内容が興味深いですが、
拘束時間が長く外で手軽に進められるゲームで無ければ瞬時にクソゲー化するので期待しないのが吉でしょう。

bb9.png
引退直前のバトルユニット編成画面。出先で時間帯によっては次の画面に進む事さえ出来ない鯖の酷さ。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム